自分をコントロールする方法を探ってみた

私は基本的に、自分をコントロールできない。

自分の中の動物的な部分が暴れまわって、手を付けられない。

あまりにも獰猛だったから諦めて野放しにしていたのだが、調子が悪くなる一方なので対策を打つことにした。

コントロール不能に陥った原因

自分をコントロールできていなかった原因を洗い出してみた。

  1. そもそも「コントロールできている状態」を定義できていなかった
  2. 自分をコントロールなんてしても「それ金にならないじゃん」と軽視している
  3. やるべきことをやらずにダラダラしていることを自由だと感じると勘違いしていた

3は原因の中でも特にまずい。

生きている以上、自由なんて存在しないから「ダラダラ=自由」は破綻している。

広告

対策を練ろう

そもそも「コントロールできている状態」を定義できていなかった

ならば、まず定義。

  • 所作に無駄がない
  • 簡潔な言葉を使う
  • 掃除する
  • ストレッチ等、体を動かす
  • 考えたことは書いて頭から出す
  • 空腹のときだけ食べる
  • 充分に睡眠をとる

これをこなせたら、コントロールできている状態だ。

昔、調子がいい時期が短かったけどあった。そのときはこういう状態だった。

自分をコントロールなんてしても「それ金にならないじゃん」と軽視している

「自分を1回コントールできたら、何円」と報酬は出ない。が、調子が悪くなると出費は増えやすい。

プラスを出す行為というよりは、マイナスを消す行為なのだ。

自分のコントロールを放棄=ポケモンの混乱状態を放置するようなものだ。

私は状態異常をさっさと回復したい派なので、たとえ金にならなくても制御権を取り戻した方がメリットがあるだろう。

やるべきことをやらずにダラダラしていることを自由だと感じると勘違いしていた

なにもせず、ダラダラすることは、残念ながら自由ではない。

むしろ私の場合、自分にはなにもできないという無力感、なにもしたくないという欲望から、ダラダラしている。

しかしダラダラしていても、自由らしい解放感はなく、虚無感に追い立てられている。

別のものに追い立てられた方がまだマシだ。

虚無感が背後を追走してくるのは怖い。

実行

さっそく今日から実行してみた。

疲れた。

ダラダラしていてもしていなくても疲れる。

頭は多少冴えてきた。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください