ニーアのコンサートに行ってきた

4月15日のコンサート行ってきました。

Concert Information

演奏会情報

モント・トレーネン・フィルハルモニカー演奏会 ー古の記憶 魂の調べー

日時:4月15日(土) 12:30開場 13:00開演

場所:練馬文化センター大ホール

曲目:ゲーム “NieR Gestalt | NieR RepliCant ニーア ゲシュタルト | ニーア レプリカント” より

入場無料(要チケット)  チケットの申し込みは終了しました

指揮:後藤正樹

ギター(ゲスト):加藤裕幸

モント・トレーネン・フィルハルモニカー

コンサート感想

サウンドトラックの収録曲が演奏されました。

ゲームの流れに沿ったメドレー形式の演奏で、楽曲だけでゲームのプレイを体感できるような公演って感じでした。

ニーアの曲はオーケストラ映えしますね。美しい。

演奏曲数は、Twitterで告知されていた曲目数よりも多かったです。

ボリュームたっぷり。

あの、えっと、入場無料でしたよね…?

無料で…よかったの…?正気?狂気?

広告

勉強の成果

コンサート前にこういう記事書いたのですが…。

もうすぐニーアのコンサートなので、予習するよ

2017.04.11

結局のところ、勉強できた時間は1時間くらいで、事前に発表されていた演奏曲目にキーと拍子を書くので精一杯でした。

「Am7(♭5)からD7の流れが素晴らしい」みたいなことを全曲でできなかった。惨敗でした。

綺麗な音の塊にしか聴こえなかったよ…。

ニーアの曲は美麗だ。

頭の中で音名やコードを唱えながら聴くことができなかった。

弾いたことある曲はかろうじてわかったけど…。

音の高さを耳で覚えられていないから、純粋に音を聴いただけでは判断できない。

要鍛錬だ。悔しい。

練習期間と曲数

モント・トレーネン・フィルハルモニカーのTwitterアカウントの登録が2016年1月だったので、仮にこの時期から練習をなさっていたとする。

となると、練習期間1年少々で数十曲の曲をマスターしたということになる。

私は2年間ピアノを練習して、弾けるようになった曲(正確には弾けるようになったことがある曲)は、片手の指で収まる程度だ。

何やってるんだろう。

卑屈になることもないが、自分が情けなくなる。

できる範囲のことをやるのは当たり前として、できない範囲のこともやらないといけない。

ひとつひとつやっていくしかないよなぁ。

楽譜、羨ましい

公式で譜面化されていない曲の楽譜をお持ちの月オケの方々が羨ましい。

こればかりは奏者の皆さんの特権だよなー。

しかし!私は!ニーアのフルオーケストラのスコアが存在するっていう世界線に居ることができているわけだよな。

これは幸福。

スコアが存在するってことは、いつかは読む機会があるかもしれないし。

公式で譜面化されていないと思しき曲

  • 売買ノ街
  • 不完全ナ石
  • 青イ鳥
  • 心閉ザセシ鉄棺
  • 流砂ノ神殿
  • イニシエノウタ/ポポル
  • イニシエノウタ/運命

売買ノ街とイニシエノウタ/ポポル(と運命)は、光ノ風吹ク丘とイニシエノウタ/デボルの譜面があるから、なんとかなるかもしれないが。

映像化希望

私の財布事情としてはYouTubeとかでアップしてくださるとありがたい。

だけど良心っぽい本心としては、「有料で映像ください」と言いたい。

このコンサートには多大な労力がかかったと思う。

有志の方々ということは、好きでやっているということだ。

成果物に対して金銭が発生するかどうかは問題としてズレていると思う。

だけど、やっぱりその情熱と労力には対価があって然るべきだよ…!

この公演に対して、どこかで何か還元できるといいな。

ウェブアンケート

モント・トレーネン・フィルハルモニカーの公式サイトで、ウェブアンケートを行っているようです。

私は会場での紙のアンケートに答えて感想を書いたのですが、ウェブアンケートの方から「スコア見たいです」って送ってみようかな。

さすがに図々しいか。

最後に

モント・トレーネン・フィルハルモニカーの皆様、本当にお疲れ様でした。

素敵な演奏をありがとうございます。

気が早い上に厚かましいのですが、次の演奏会を心待ちにしております。

今回の記事はこのへんで。

また次回。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.